MENU

にきび跡

にきび跡というのは何かというと、にきびに出来た後に、赤いシミのようなものが残ってしまうことをにきび跡といいます。にきび跡は少し赤く残ったり凸凹するのが特徴で、このにきび跡が改善するのはなかなかすぐには治らず、時間がかかるケースが多いといわれています。またひどいにきび跡の場合には、一生にきび後が顔や体に残ってしまうこともあります。にきび跡は、実はにきびで悩んでいる人の一番の悩みとも言われているのです。

 

にきびで赤いのはなぜかというと、炎症によって傷つけられてしまった皮膚を修復するためにその新しい組織が見えているので赤く炎症を起こしたように見えています。このにきび跡は大体半年以内には消えるといわれていますがにきび跡がそのまま残ってしまって紫外線などの刺激を受けることでにきび跡が色素沈着を起こしてしみになることもあるようです。にきび跡は凸凹していることが多いのですがこのへこみはにきびの炎症で真皮に傷がついてへこんだ状態で、凸の方は、にきびが治る際に膿がなかに残った状態でそのままふさがったために膨らんでいる状態だそうです。にきび跡の改善はなかなか難しく自分で出来ないこともあります。美容整形外科などでにきび跡の治療を受けることで綺麗になるとも言われています。

厳選5

#サイト名PRリンク